忍者ブログ
<< 2017 / 08 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ]
三十代になってから、かみさんと髪切り屋さんで、「髪が薄くなったら教えて下さい」って言うのが恒例になってから、とうとうかみさん側から、「ちょっと...毛が...」

うちの家系は、完全にハゲなので覚悟が出来てました。でも、出来れば四十代で、出てくれば嬉しいのだが。かみさん的には「短くすればいいじゃない」と寛大なのだが、俺的にはかなり辛い。その後、プロの知り合いに簡単に見てもらった。結果的にはまだだが対策をした方が良いと言われた。
こういうのは、抜ける前にやらないと効果が薄いし、分かりにくい。
とりあえずドラックストアで、抜け毛予防スプレーを買って使って様子を見る事にした。

俺の頭


フレッシュリアップって書いてあるがよく分からんのでドラックストアの人に決めてもらった


さて、ハゲスパイラルから断ち切ることができるかどうか(;´Д`)
PR
あけましておめでとうございます。
今年もほのぼのブログを書きます。
地獄の年末を終えて家族でのんびり実家ですごいました。
地元のツレと初詣に、家族みんなでみろくの里で遊んだり甥っ子と釣りに行ったり....
そして、初仕事スタートしましたが、年末の疲れも抜けず、ずーっと体調不良。
そして、体調が戻って来た先日、PCの電源入れたら画面が付かない。
バラして掃除をしても治らない⤵
マジでへこむ⤵
調査結果、部品交換せねばならん⤵
厄年か!ってくらいへこむ⤵

でも、パソコンを自作してからもう10年ぐらい立つと思う。HDDは1回壊れたぐらいで、他は問題なく長持ちした。今回、部品交換も考えたが、そろそろ替え時かもしれない。

結婚や子どもたちが産まれる前からあると思うと、長い付き合いだと感じる新年でした。


年末の忙しい時、子どもたちがいい子してる様子


甥っ子と内海で釣り


出初め式の後、とんどで餅焼き


あけまして終わりです。
というような内容の夢を見ましたよ。

あらためて、あけましておめでとうございます。
去年の31日夜、実家の福山に帰って家族でワイワイいいながら、ダウンタウンの笑ってはいけないなんとかって番組を見てたら、疲れてたのか年をこす前に寝てしまいました。長女と除夜の鐘をつくという約束を守れず新年の目覚めが...

世界の終りを体験しました。
詳細はナウシカの巨神兵が東京を壊すという世界で東京タワーにいる俺が必死で見つかりにくい倉庫などを探して逃げるけど見つかると言う映像で、正に絶望的な初夢でした。初夢が巨神兵って...

ちなみに31日に初めてSEKAI NO OWARIって歌手をテレビで知りました。

ああ、良い年になりますように

廿日えびすが終わって20日ほど経ちました。
今回からは花火大会と廿日えびすが別々に開催するのでお客さんが少ないかなとおもってましたが以外に多かったです。もしかしたら、開催日が別々になったのを知らない人が多かったかな・・・

来年が気になりますね・・・
さて今回は役者で二日出ました。さすがに二日とも平日なので次の仕事がしんどいですが、祭り終了時間が警察の方から指定されてますので速やかに終了し、すぐ家に帰り仕事に備えることができてうれしいです。肉体的にはなんとかセーフですが、これが原因で居眠りなどの事故を起こしたら絶対参加しません(ToT)
廿日えびすが終わると打ち上げが待ってます。
笠やぶちなどの大勢の飲み会や個々での飲み会をして考えが出てくるのが今後の祭りに対してのスタンス。
「あんまり深くかんがえるな」「ながされとけよ」と、気を使ってくれる人もいます。もう婿として何年も経ってるのに同じことを繰り返す俺・・・
無様すぎてみんなに申し訳ないです。
年の近い先輩が「本当にいやならやめてもいいじゃん」とサクッと言われると言葉が・・・・  返す言葉がでない。

ここ最近、夜な夜な一人で晩酌する機会が増えた。
答えは出ている。それを受け止めれない(受け入れたくない)自分がいる。
自分の思いと、大局的な考えと今後の子供たちについて考えると・・・
チューハイが進・・・

さて、来年は廿日えびすというお祭りに対して少しは受け入れるようになるか。


にわか狂言終了後、控室で役者が中心に笠やぶちをきめる

またまた、新しい家族が増えました。
三人目で女の子です。名前は「咲寧」さきねといいます。
今回は本当に大変でした。「こりゃ出生率が低いのも意味がわかる!」ぐらい大変でした。我が家は自営でおじいさん、おばあさんもいるのですが、それでも三人目になると子守が大変。二人目の錬志はまだ一歳十ヶ月なので「かあちゃん、かあちゃん」と泣きながら探し始めたり、まあ姉の仁香も、悲しくなると収拾がつかなくなります。それでも、病院は五日目には帰らされるので、そういう寂しさはないが、どうしても かあちゃんと赤ちゃんの所に集まってきます。しかしながらじいちゃん、ばあちゃん、オレの三人は朝(?)から夜までしっかり働いてます。空いた時間に交代しながら見たりするのがいっぱいいっぱいでやはり、かみさんの穴はかなりでかかったと・・・
そんな中で、保育所の存在は本当にでかかった。仁香は入ってるけど、錬志はまだ入れてなかった。でも出産などがあると仮で入れる制度があってすごく助かった。弟の錬志も保育所が大好きで泣きながら通園することもなく無事通いました。
その他、仕事では、「ええじゃん尾道、向島」に売り場を設けたり、消費税増税の算出、原価高騰により値段の改正などなどとりあえず大変でした。

で、経緯を書いてはみたのですが、咲寧は二月二十三日に無事生まれ一か月も軽く過ぎちゃいした。連絡をしてなかった人には申し訳なかったです。皇太子の誕生日が同じなので将来は祝日になるのが気になるところです。
さて、四月になると、袋豆腐と、つくねいも豆腐、えだまめ豆腐の季節になってきました。
栄養ドリンクにサポートされながら、これからの家族、豆腐屋のためにがんばってまいります。

クリスマスの時期になりました。
うちの子はまだ、おもちゃとか要求して来ないので、ケーキとチキンを食べて終わりです。お財布にやさしくて助かります。

この間、病院に行った時 小学生(低学年だと思う)たちの言葉が耳に入った。
話の中身は、サンタクロースがいるかどうかだ。
そして結論は「あれはお父さんが寝たあとおもちゃを置いてくれる」ってことになった。
まあ、そりゃそうだと思ったが夢もなにもあったもんじゃない。

枕元にプレゼントを発見した理想のクリスマスのリアクションは
小学生低学年は、「サンタさんが枕元におもちゃをおいていってくれた」
小学生高学年は、「うちには煙突もなく、家の施錠はしっかりしてるのにどうやってきたんだ?」
中学一年は   「うちの前にトラバサミを置いてたのにサンタはかからんかった!」
中学三年は   「昨日うちにUMAが来たぞ」
高校二年は   「アルソックは何をしているっ!!」

と、病院内でニヤニヤ考えてた。


だがこんな下らんこと考えてる俺だが、実際フィンランドにあるサンタクロース村でサンタさんにあってトークをしたことがある。まあ、新婚旅行できたのだが。
サンタクロースはとりあえず、でかいっ!って記憶がある。あとは英語まじりの日本語で話しかけてくれた!
村には世界各国の郵便ポストが設けられ日本にもサンタ宛に手紙がはいってた。
サンタクロースはサンタクロース協会の難関試験に合格した人がなれるらしい。
数カ国語を喋れないといけないとか話してたが、ネットで調べると、煙突に入るテストやサンタ語で古文書を朗読などいろいろあるみたい。
サンタは全員で180人だが、アジアでただ一人 パラダイス山元さんがサンタクロース公認資格をもってるそうです。
本気で「俺はこの子のサンタになるんだ!」って思ってる人は是非試験を受けてみるのもいいかもしれない。

詳しく知りたい方は 

http://homepage2.nifty.com/tori-hide/xmasday41.htm


さて、我が家ではたいしたことをしないのですが、
世羅の輸入雑貨屋さん「カリフォルニアドリーミン」で子供を中心に開催されるクリスマスパーティーに12/23に参加することにしました。
サンタさんがくるのでたのしみです。(だれがサンタ役をやるのやら・・)

詳しく知りたい方は「カリフォルニアドリーミン」

http://ameblo.jp/california-dreamin/entry-11424246562.html


IM1G.jpg
フィンランドでサンタさんと夫婦で写真をとりました
サンタの靴でっか!!

んーーーー  久しぶりに、ブログを書きます。いろいろあって当面書く気はなかったのですが、「よし、書こう」って思ってから、仕事が忙しく更新できませんでした。
最低、月一で更新しようとしてたのが失敗に終わりました。
まあ、でもぼちぼちがんばります。
日記でもありますしね(^_^;)

さて、8月19 20日に「甲山廿日えびす」という祭りがあり、今回が三回目の参加になりました。
ここ甲山での一番の見どころではないかと思ってます。
そして、その土地に俺が婿として来たわけですが、地域の人たちと溶け込もうと思うのと、義父は祭りに参加するのが大好きなので参加しました。
チキンな俺としては役者を三回目といえど、やはりなれません。むしろ、やればやるほど知れば知るほど参加したくなくなってきました。
やはり、祭りと一緒に育った人と、よそから来た人のギャップすら感じます。そのうえ、目立つのが大嫌いな俺としてはある種苦痛に近い。
ただ、地元の人が「おまえは他所から来た人だが、子どもたちはここが生まれた町、祭りと育つ町になる」と言われた。
俺も納得して参加をした。
でも、祭りといえば本来参加してる人が楽しまないと面白いわけがない。確かに、俺もわらたりしながら役者をやってたが、ため息やストレスの方が大きい。
役者をやめたいが、なぜやめれないかというと、若い人がこの地区に少ないからだ。
そこで、ピンときた!「人が集まれば他の仕事にまわれる!」と思い近所に引っ越してきてる方に声をかけたりしてみた。今回は二人参加してもらった。
その時思った。参加された片方は来て何年かたってるのに声をけてない。人が少ないって言ってる割に新しい人を誘う気がない。人がいないから役者をやってもらわないとこまる。
俺もわがままな人間だが、この人たちも大したヒトだ<(`^´)>
まあ、田舎と年配者によくありがちな閉鎖的な雰囲気だ。ただ、もちろん全員ではないし、となりの地区の人たちはそんな雰囲気にみえない。もしかしたら俺の偏見かもしれない。
だけど、祭りの打ち上げの時にこう言われた「ホームページとかどうでもえーけー、文句言わず役者やれ!!」
言うのが、今年から「甲山上組公式ホームページ」を作成した。うちの地区はどんどん過疎化がすすみ空き家も増え、新しい住人の期待は少ない。なので、祭りに関心を持っている人を
呼ぼうというのが目的。他にも、祭りの歴史、継承、保存などを会長と相談しながら作成した。確かに素人の手作りだが、観光協会の方に協力してもらったりして仕事の合間をぬってコツコツ完成させた。
先のことを考えて、自分のできることを見つけ作成したのに、「どーでもえー」などと言われると、さすがにカチンっとくる。
まあ、たしかに関心のない人もいるだろう。ただ、こういう雰囲気の中で俺が今後協力して参加するべきかを考えることになった。

子どもの未来、地域の貢献、重谷家の立場などと絡み合うため、安易に結論がだせないがしっかり考えなくてはならない。

俺は歴史ある祭りは大切だと思うし、誇りに思いたい。ぜひ、新しい人たちが参加してこの歴史ある祭りをつなげてほしい。


甲山上組公式ホームページ http://kamigumide.gozaru.jp/
 

いよいよ、世羅もあたたかくなり春の風が舞うこの頃です。
そう、今日が三年目の結婚記念日です。婿入りして・・・
早いなー(*^_^*)
良いことも、大変なこともいろいろありました。そしてこれからも!

そういえば、今年の二月ぐらいにとんどがありました。その時に、近所のカメラマンH氏にとんどで餅をやいてたかみさんと娘を撮影してもらった写真です。


「とんどの夜」という題名で「アサヒカメラ」という雑誌で月例コンテストで二次予選通過という素晴らしい結果をだしていただきました。
やはり、おれも親だからなのかこういうのは、言葉にできない(今考えているがなかなかいいニュアンスが出てこない)うれしさがあるとおもいました。
プロフィール
HN:
職人初級+α マサハル
年齢:
35
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/09/21
職業:
豆腐屋さん
趣味:
バイクなど、スノボーも
自己紹介:
マサハルの性能表

豆腐屋ランク:
見習職人Lv12

語学 文章力 :
スマホでは長文は書けない。まずは、テキストファイルに書いてから・・・ アップします

体力 スポ-ツ:
サンドバックにハマってます

理科 数学 :
原発の汚染水の増加が激しいようだが蒸発さして濃縮できないのだろうか

学習能力 :
はて?

テンション :
世界のみんな!!オラにテンションわけてけれ!

※Lvや能力は少しずつ変わります。
最新コメント
[04/24 マサハル]
[04/21 aki]
[03/17 マサハル]
[03/10 こしょう]
[12/23 こしょう]
[09/26 マサハル]
[09/25 こしょう]
[12/22 マサハル]
ブログ内検索
カウンター
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]