忍者ブログ
<< 2017 / 04 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またまた、新しい家族が増えました。
三人目で女の子です。名前は「咲寧」さきねといいます。
今回は本当に大変でした。「こりゃ出生率が低いのも意味がわかる!」ぐらい大変でした。我が家は自営でおじいさん、おばあさんもいるのですが、それでも三人目になると子守が大変。二人目の錬志はまだ一歳十ヶ月なので「かあちゃん、かあちゃん」と泣きながら探し始めたり、まあ姉の仁香も、悲しくなると収拾がつかなくなります。それでも、病院は五日目には帰らされるので、そういう寂しさはないが、どうしても かあちゃんと赤ちゃんの所に集まってきます。しかしながらじいちゃん、ばあちゃん、オレの三人は朝(?)から夜までしっかり働いてます。空いた時間に交代しながら見たりするのがいっぱいいっぱいでやはり、かみさんの穴はかなりでかかったと・・・
そんな中で、保育所の存在は本当にでかかった。仁香は入ってるけど、錬志はまだ入れてなかった。でも出産などがあると仮で入れる制度があってすごく助かった。弟の錬志も保育所が大好きで泣きながら通園することもなく無事通いました。
その他、仕事では、「ええじゃん尾道、向島」に売り場を設けたり、消費税増税の算出、原価高騰により値段の改正などなどとりあえず大変でした。

で、経緯を書いてはみたのですが、咲寧は二月二十三日に無事生まれ一か月も軽く過ぎちゃいした。連絡をしてなかった人には申し訳なかったです。皇太子の誕生日が同じなので将来は祝日になるのが気になるところです。
さて、四月になると、袋豆腐と、つくねいも豆腐、えだまめ豆腐の季節になってきました。
栄養ドリンクにサポートされながら、これからの家族、豆腐屋のためにがんばってまいります。

PR

2014年も始まりました。
さて、最近ありがたいことに忙しくてブログをかいていません。が、
去年の今頃にシーズンオフ中の配達カブのタイヤをノーパンクタイヤに変えたレビューを書きます。
  
まあ、一年前の話なので最近ではないですが、結果報告ですのである意味役に立つ気がします。

ことの話は結婚して4年経ちますが、1年半に1回ぐらいのペースでパンクしてました。朝、近所に配るくらいであまり距離をはしらないのですが、大体、金属みたいなのが刺さって朝にはぺったんこになっていました。距離も5000kmで、俺が来る前からよくパンクしてたそうです。
俺は、基本クラッチがない&チェンジがロータリー式の乗り物は好きではないので無関心でしたが、「さすがにこれはパンクしすぎだろ!」って思いネットでチューブレスやノーパンクタイヤをさがしてました。
すると、どれもこれも一長一短で我が家の仕事スタイルの合うモノを検証しました。

・ホイールを加工してチューブレス・・・ホイールが合わないため加工するとかなりコストがかかり過る。
・ホイールにテープみたいなのを張ってチューブレス・・・手間暇かかるし何時空気がもれるかわからないというリスクがある。
・ゴムのノーパンクタイヤ・・・たぶん生産されてない。  タイヤが劣化しやすい。振動が大きい。
・リペアムゲルのノーパンクタイヤ・・・スピードが出せない。交換に専用のお店に行かないといけない。

自転車関して、パンク程やな気分になるものはないが、カブなら尚更大変。近くなら押して帰ればいいが、かなり重くて自転車の比ではない。そのため、タイヤとチューブは使い物ならなくなる場合がある。だいたいはバイク屋さんに取りに来てもらって修理のセットだ。もちろん、バイク屋さんはありがたいのだが、コストもかかるし、何より時間のロスが大きすぎるのだ。ならば、車やバイクの様にチューブレスにすればいいのだが、ホイールが対応してない。何故なら外国(特に発展途上国)ではチューブレスは高いし、つける設備ないし、昔がら同じタイヤが愛されるからだ。

まあ、うんちく言ってみたが、「リペアムゲルのノーパンクタイヤ」に決めてみた。
そもそもこのゲルは自転車や車いす用に開発されたらしい。なのでバイクはむいてないとお店の人に聞いたがある条件を守るなら良いといわれた。

・スピードは30km以上ださないこと。出すとゲルが温度が上がって解け始める恐れがあるからだそうだ。
・縁石にぶつけたり、大きい段差に突っ込まないこと。ゲルとの圧力でホイールが割れる恐れがあるそうだ。
・運転感覚がかわるので注意。タイヤの重量が空気からゲルに変わるので、ハンドルがやや重いので注意が必要。
・タイヤ交換は専用のお店で。ゲルをとかしてタイヤを交換して再度注入するのだ。
ぐらいだと思うが、とにかくやってみた。

そして、レビューとしては、
最高に良い。我が家の配達は1キロ圏内だし、スピードはださない。距離も走らないからタイヤ交換もかなりすくない。運転感覚は初めて乗るバイクだと思えば気にならないし、400ccクラスならインパルスからZRXに変わったぐらいの感覚。縁石はともかく、地元でもあるので大きい段差ってほとんど知ってるし注意するのは工事くらい。特に異常もないので安心して乗って行ける。「子どもが大きくなったら自転車にでもゲルを注入してもらおう」って気になった。

今回お世話になったお店は
しまなみサイクル・Dr
http://www6.ocn.ne.jp/~sima7335/2701.html

尾道の団地の中にあるのでわかりにくいが親切なひとでした。出張サービスもしてくれます。料金はゲルの料金と工賃×タイヤの本数だそうです。
カブはゲルが自転車どころではないので高くつきますが長く乗るなら、ゲルは再利用できるのでタイヤと工賃だけです。チューブとタイヤを交換して全部で、20000円ぐらいだったと思。なんせ1年前なのでうつろ覚えです。

自転車を使用してるならそれでやってもらってもいいけど、新品が欲しいって人も始めっからコミコミでやってくれるそうです。あとロードレーサーもオッケーだそうです。


詳しくはリペアムゲルのHPでどうぞ。
http://www3.ocn.ne.jp/~masstech/index.htm

 

 

うちの1歳の子は飛行機が大好きだ。空を飛んでる音や機体をずーっと眺めてる。
ろくにしゃべれないのに「あっあっ」とか指をさして言っている。

このあいだ仕事が早く終わったので家族で空港に出かけた。
世羅町からではフライトロードができてからかなり近くなった。まあ、近くて迫力のある安上がりなテーマパークみたいな感じだ。
もみじまんじゅうを食べたり、飛行機をみたり、仁香も錬志も大喜びだ。それに、この日はイルミネーションの点灯式があったみたいで地元のブラスバンドが演奏してた。
それらだけでも、満足なのだが、コカの皆さんが点灯式のにぎやかしにきてました。コーラとオーナメントをもらいました。
まあ、オーナメントもらっても、我が家はツリーをださないんだけどね・・・(^_^;)

 
まだ少し早いけどサンタさんにも会えたし、飛行機が見れたし満足な一日でした。

今回の目的は、祭りを見に来る人、どのような祭りか関心がある人、深く歴史を知りたい人、地域の人でも見たくなる人、 などのつもりで作成してみました。(まあ、実際は数人の方にアドバイスをもらって俺なりに作ったかんじですが・・・)

具体的には  ・祭りの雰囲気を記録する写真集
         ・にわか狂言を知ってもらうための動画
         ・祭りに参加される方のグループ紹介
         ・「はつかえびすとは」を調べた資料
         ・祭りに関する過去の新聞記事
         ・だんじりの改装中の写真(平成24年)
         ・だんじりの新設の写真(昭和33年)

※ちなみに、動画は俺が撮ったのでぶれたり、暗かったり、多少難がありますが見てもらえるとうれしいです。

作ってる途中、ここまでする必要があるのかどうか、何度も悩みながら作成しました。
 なのでとりあえず結果はすぐにはわからないのと、自己満足と、保存という意味で今のとこ納得してます。
 データ集めに関しては特に、にわかの新聞記事探しはきつかった。図書館巡りで広島を2回 福山1回 尾道2回 広島は開店から閉店までみっちり マイクロフィルムとCD-ROMと原紙をひたすら調べる中、心と体が折れそうになりました。

さて、HPに関する基本のベースはこのままにしようと思ってますが、にわかに関する話や町、歴史、写真などがあれば是非メールください。 よろしくお願いします。

甲山廿日えびす上組だんじり公式ホームページ http://kamigumide.gozaru.jp/

さて、このネタも、少し前の話だが・・・  バイクの話である。

俺は三人兄弟なのだが、みんなバイク好きなのだ。バイクの好みはだいたい似たりよったりなのだが、今回は長男のバイク KZ1000mk2に乗っていた時の出来事。

ツーリングの帰り中、山陽道を100kmぐらいで走ってたら、フロントのスプロケが、外れチェーンがリアタイヤに絡まりロックした。直線だったからか知らないが、
転倒はしなかったらしい。
だが、一番恐ろしいのはフロントスプロケが外れ、手裏剣のように後続車に襲ったらしい!
まあ、後ろはおなじツーリングの人で、当りはしなかったのだが、想像しただけで肝を冷やしただろう。高速回転しているスプロケが飛んでくるのは、ウルトラマンの八つ裂き光輪が来るようなもの。マジで勘弁してもらいたいとこだ。

それはそれなのだが、やはり問題は、何故こうなったかだ!?
実は、兄のバイクはエンジンから足回りまでカスタムしているのだが、昔にも何度かリアのスプロケが外れかかったことがある。兄は急激なエンブレを好んで高回転で攻めるタイプなのだ。予測では、その振動がフロント&リアのスプロケを緩めたと思う。
詳しくは知らんが、純正ではねじロック液で、緩み防止しているのだろうか?たぶん、それは兄もやってたと思う。やはり、このレベルになるとワイヤリングか緩み止めロックリングがいるのか・・・

Zシリーズは、専用パーツが星の数ほどあり、このリアホイール、スプロケ、アームは専用で設計してある。しかも兄が使っているのは王道のパーツなので問題がほぼないっと思っていたが・・・
やはり、カスタムをすれば絶対的な安定がないと肝に銘じて乗らなければならない。
 


R0012227.jpg
チェーンの掛かってる歯車がリアスプロケである。これは、何回も緩んだり、外れかかったりしたことがあるみたいだ。
ただ、スイングアームがあるので、外れても、タイヤロックするぐらいで、飛んではいかない。

R0012225.jpg
写真の真ん中に丸い出っ張りがあるのがフロントスプロケを付けてチェーンを掛けるところである。
外れたら、飛んでいきチェーンが上の写真の部分で絡まる。

R0012224.jpg
これが、フロントスプロケである。これが高回転で、後ろの方に飛んで行ったらしい。
あたったら、死活問題である。

今月の24日にARROWS X F‐02E に機種編した。
前回の機種がエクスペリア初期型 SO-01Bからの変更である。
さすがに、スペックが倍以上あるだけに、それなりに使い勝手がよい。
ペリアはカスタムロムなどでステータスを上げたがさすがに限界があった。
好みのスマホが出るのを一年辛抱した結果、アローズに決定した。
ぶっちゃけ、AQUOS PHONE ZETAのIGZOの省エネ画面が魅力的で迷ったが、アローズの方が前回も、クアッドコアの実績もあり、1.7GHzとやや処理能力が高いので決定した。

実際、使ってみた感想としては、
 ディスプレイが5インチクラスは文字入力(俺はキーボード入力派)は楽になるが、片手で使う頻度の多い人には向かない。
 ボディーがデカイのでポケットのサイズを考えて買うべき。とはいえ、はじめは気になるがすぐに慣れてくるもんだな。
 ボディーが重いので落とした時が怖い。ケースはしっかり選ぼう。
 予測どおり電池の持ちが悪い。ただ、ペリアの時は1500mAh → 2650mAh にバッテリーを交換し、かなり持ちがよくなった。(中国産ですが・・・)  今回も交換する予定 ちなみにアローズは2420mAhと、かなりでかい。
 OSも前回は Android 2.3 → Android 4.1 に上がった。winxp から win7 ぐらいの差があればいいんだけど・・・ まだ、試し中です。
 メモリーもペリアの2倍以上 ROM/RAM 32GB/2GB 今のとこサクサクで安心です。
 インターネットもクロッシーのせいかかなり速くなった。てか、世羅にクロッシーきてた!!!
 昨日風呂場で、スマホもち込んでみた。いつもみたいに浴槽で寝てしまった。操作しながら寝たので、37℃のお湯にダイブ!防水は完ぺきだった。
 毎朝、軽トラで配達中、アプリのニュースをケータイのスピーカーで聞いてたのだが、今回は、内蔵FMトランスミッタがあるので軽トラのスピーカーからストリミングニュースを簡単にきける。本来なら別途付属パーツとコードをつけてめんどくさく音楽を聞くしかないのが大幅に改善!個人的に是非オススメ!

てなとこだ。

オススメはかどうかは、個人差がかなりかかわってくるので良いとは断言できない。2chも評判いまひとつだし、昔のアローズもトラブルが多かったらしい。ドコモの人もいまひとつの顔してた。
スマホ初心者とかなら、ZETAをオススメするが、結局お金の問題と電話メインなら、fomaでいいと思う。はやりにのる必要なし。実際、かみさんや兄とかまだfomaだしな。
まあ、オレ的にはかなり満足(現段階)だが、気になるのはrootがとれるかどうかだ。
買った後,気付いたがrootも取れない機種があるらしい。てか、プログラマーのみなさんが作るのでこの機種を選んでくれるかどうか、世界で販売してたらチャンスは増えて安心なのだが、富士通は・・・・
がんばれ!富士通!
あと、rootとることができても、難易度が気になる。初期ペリアは難易度中(オレ基準)だが ペリアgxとかは難易度小だ。ちなみに、知り合いのアローズ(一年ぐらい前の)をroot取ってほしいってお願いされて、やってみたが、うまく取れなかった。
ただでさえ、電池持ち悪い&ムダアプリが多いのでrootは必須なのだ。

仕事が忙しくない今、是非rootが出て来るのをたのしみにしとります。

クリスマスの時期になりました。
うちの子はまだ、おもちゃとか要求して来ないので、ケーキとチキンを食べて終わりです。お財布にやさしくて助かります。

この間、病院に行った時 小学生(低学年だと思う)たちの言葉が耳に入った。
話の中身は、サンタクロースがいるかどうかだ。
そして結論は「あれはお父さんが寝たあとおもちゃを置いてくれる」ってことになった。
まあ、そりゃそうだと思ったが夢もなにもあったもんじゃない。

枕元にプレゼントを発見した理想のクリスマスのリアクションは
小学生低学年は、「サンタさんが枕元におもちゃをおいていってくれた」
小学生高学年は、「うちには煙突もなく、家の施錠はしっかりしてるのにどうやってきたんだ?」
中学一年は   「うちの前にトラバサミを置いてたのにサンタはかからんかった!」
中学三年は   「昨日うちにUMAが来たぞ」
高校二年は   「アルソックは何をしているっ!!」

と、病院内でニヤニヤ考えてた。


だがこんな下らんこと考えてる俺だが、実際フィンランドにあるサンタクロース村でサンタさんにあってトークをしたことがある。まあ、新婚旅行できたのだが。
サンタクロースはとりあえず、でかいっ!って記憶がある。あとは英語まじりの日本語で話しかけてくれた!
村には世界各国の郵便ポストが設けられ日本にもサンタ宛に手紙がはいってた。
サンタクロースはサンタクロース協会の難関試験に合格した人がなれるらしい。
数カ国語を喋れないといけないとか話してたが、ネットで調べると、煙突に入るテストやサンタ語で古文書を朗読などいろいろあるみたい。
サンタは全員で180人だが、アジアでただ一人 パラダイス山元さんがサンタクロース公認資格をもってるそうです。
本気で「俺はこの子のサンタになるんだ!」って思ってる人は是非試験を受けてみるのもいいかもしれない。

詳しく知りたい方は 

http://homepage2.nifty.com/tori-hide/xmasday41.htm


さて、我が家ではたいしたことをしないのですが、
世羅の輸入雑貨屋さん「カリフォルニアドリーミン」で子供を中心に開催されるクリスマスパーティーに12/23に参加することにしました。
サンタさんがくるのでたのしみです。(だれがサンタ役をやるのやら・・)

詳しく知りたい方は「カリフォルニアドリーミン」

http://ameblo.jp/california-dreamin/entry-11424246562.html


IM1G.jpg
フィンランドでサンタさんと夫婦で写真をとりました
サンタの靴でっか!!

んーーーー  久しぶりに、ブログを書きます。いろいろあって当面書く気はなかったのですが、「よし、書こう」って思ってから、仕事が忙しく更新できませんでした。
最低、月一で更新しようとしてたのが失敗に終わりました。
まあ、でもぼちぼちがんばります。
日記でもありますしね(^_^;)

さて、8月19 20日に「甲山廿日えびす」という祭りがあり、今回が三回目の参加になりました。
ここ甲山での一番の見どころではないかと思ってます。
そして、その土地に俺が婿として来たわけですが、地域の人たちと溶け込もうと思うのと、義父は祭りに参加するのが大好きなので参加しました。
チキンな俺としては役者を三回目といえど、やはりなれません。むしろ、やればやるほど知れば知るほど参加したくなくなってきました。
やはり、祭りと一緒に育った人と、よそから来た人のギャップすら感じます。そのうえ、目立つのが大嫌いな俺としてはある種苦痛に近い。
ただ、地元の人が「おまえは他所から来た人だが、子どもたちはここが生まれた町、祭りと育つ町になる」と言われた。
俺も納得して参加をした。
でも、祭りといえば本来参加してる人が楽しまないと面白いわけがない。確かに、俺もわらたりしながら役者をやってたが、ため息やストレスの方が大きい。
役者をやめたいが、なぜやめれないかというと、若い人がこの地区に少ないからだ。
そこで、ピンときた!「人が集まれば他の仕事にまわれる!」と思い近所に引っ越してきてる方に声をかけたりしてみた。今回は二人参加してもらった。
その時思った。参加された片方は来て何年かたってるのに声をけてない。人が少ないって言ってる割に新しい人を誘う気がない。人がいないから役者をやってもらわないとこまる。
俺もわがままな人間だが、この人たちも大したヒトだ<(`^´)>
まあ、田舎と年配者によくありがちな閉鎖的な雰囲気だ。ただ、もちろん全員ではないし、となりの地区の人たちはそんな雰囲気にみえない。もしかしたら俺の偏見かもしれない。
だけど、祭りの打ち上げの時にこう言われた「ホームページとかどうでもえーけー、文句言わず役者やれ!!」
言うのが、今年から「甲山上組公式ホームページ」を作成した。うちの地区はどんどん過疎化がすすみ空き家も増え、新しい住人の期待は少ない。なので、祭りに関心を持っている人を
呼ぼうというのが目的。他にも、祭りの歴史、継承、保存などを会長と相談しながら作成した。確かに素人の手作りだが、観光協会の方に協力してもらったりして仕事の合間をぬってコツコツ完成させた。
先のことを考えて、自分のできることを見つけ作成したのに、「どーでもえー」などと言われると、さすがにカチンっとくる。
まあ、たしかに関心のない人もいるだろう。ただ、こういう雰囲気の中で俺が今後協力して参加するべきかを考えることになった。

子どもの未来、地域の貢献、重谷家の立場などと絡み合うため、安易に結論がだせないがしっかり考えなくてはならない。

俺は歴史ある祭りは大切だと思うし、誇りに思いたい。ぜひ、新しい人たちが参加してこの歴史ある祭りをつなげてほしい。


甲山上組公式ホームページ http://kamigumide.gozaru.jp/
 

プロフィール
HN:
職人初級 マサハル
年齢:
35
HP:
性別:
男性
誕生日:
1981/09/21
職業:
豆腐屋さん
趣味:
バイクなど、スノボーも
自己紹介:
マサハルの性能表

豆腐屋ランク:
見習職人Lv12

語学 文章力 :
スマホでは長文は書けない。まずは、テキストファイルに書いてから・・・ アップします

体力 スポ-ツ:
サンドバックにハマってます

理科 数学 :
原発の汚染水の増加が激しいようだが蒸発さして濃縮できないのだろうか

学習能力 :
はて?

テンション :
世界のみんな!!オラにテンションわけてけれ!

※Lvや能力は少しずつ変わります。
最新コメント
[04/24 マサハル]
[04/21 aki]
[03/17 マサハル]
[03/10 こしょう]
[12/23 こしょう]
[09/26 マサハル]
[09/25 こしょう]
[12/22 マサハル]
ブログ内検索
カウンター
Template by kura07, Photo by Abundant Shine
忍者ブログ [PR]